かぞく・ごっこ インフルエンザ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
インフルエンザ
2008-01-24 Thu 23:25
・・・ではなかったようだが油断禁物
火曜日、ママがぎっくり腰になってしまった日
朝の時点で38℃あったので病院へ
そのときの話で、39度まで熱が上がらないと
インフルエンザの検査は感度が良くないので反応が出ず
検査が出来ないのでこのまま熱が上がって39度越すようなら
午後また来院するように。とのこと。
涼ちゃんは熱性けいれんを2回やってるのでそれを伝えると
熱性けいれんを起こす子どもはインフルエンザ脳症にかかりやすい傾向にあるとのこと
そしてインフルエンザ脳症を発症するまでの症例を教えていただきました。
インフルエンザ脳症にかかる子どもの多くが
インフルエンザによる発熱からけいれんまでの間に
吐き気は嘔吐があることが多いそう。
そしてその嘔吐から目安で約3時間後にけいれん
その時点でもう脳症が発症している状態で危険なことが多いといわれました
多くのママは熱があって具合が悪い時の嘔吐は不思議に思わずそのまま様子を見てしまうけれどもそこからけいれんまでの3時間の間に適切な処置を受けることができれば脳症は避けることができるらしいのです
3月にインフルエンザで熱性けいれんを起こしてそのときも脳症を心配して真夜中に救急で運んだけどもし脳症だったら遅かったのね・・・って思ったら怖くなりました
とりあえず、この日はお昼もモリモリ食べて午後お昼寝したら36度台まで熱は下がり元気に夕飯も食べて普通にお風呂に入って早めに就寝ホッとしました
そしてとても勉強になりました
スポンサーサイト
別窓 | 育! | コメント:0 | top↑
<<ギックリな数日 | かぞく・ごっこ | ついにギックリ!>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| かぞく・ごっこ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。